Blue&Orange Express

krpblog.exblog.jp ブログトップ

続・復興エゴイスト

おはようございます。今朝の乗車車両は相鉄線45運行9704F、横浜市営地下鉄ブルーライン20運行3291編成です。

今日はゴールデンウィークに続いて他キャンパスへ向かっています。かなり急に決まった用事ですが、まあいつもと違う路線に乗れるので不満はありません。

さて、昨日の続きの話をしましょう。学園祭のテーマに顧問案をそのまま採用すると決めるまでの過程で、テーマよりも内容を考えたいという意見や、自分たちの案にこだわるのがエゴだという意見が出たのが昨日の内容です。
みんなが顧問案の採用を決めた以上その決定には従いますが、みんなが復興をテーマに含めるということをかなり軽く捉えている気がして、かなり不安です。副会長には「復興といえるだけの企画がないと言うなら、胸張って復興を扱っていると言える企画を考えろ。」と言われましたが、少なくとも私にそれを課すとなかなかいい案は出てこないでしょう。
以前私は、復興という言葉は学園祭のテーマに盛り込むには重すぎると思っていました。しかし顧問案の採用が決まったその日の帰り道で、そもそも用法を間違えているのではないかと思ったのです。つまり、復興という2文字は被災者が自ら掲げるものというであり、今の委員会の思いを正しく表すのは「復興支援」だということです。気付いた時点では完全に後の祭りでしたが。
私の母親に顧問案への感想を聞くと、「東京の学生にとって復興とは自らが為すべきものではなく、支えるもの・祈るものという立ち位置を取るのが被災者への配慮じゃないか」という言葉が返ってきました。やはり「復興」では私たちが被災したように受け取られ、違和感を持たれるようです。本当に気付くのが遅かったですね。
そしてようやく「復興エゴイスト」というタイトルにたどり着きます。復興という言葉を誤って使おうとしている、しかもそれを掲げられるだけの企画を考えようとしている私たち委員会こそ、エゴの塊ではないでしょうか。自己満足になってはいけないから分かりやすい顧問案をということでしたが、これこそ自己満足です。メインキャンパスじゃないところの文系がメインキャンパスの理系の教授たちを納得させるには言葉しかないというのが顧問の言葉でしたが、文系が言葉の使い方を間違えていては本末転倒です。

まあ、もはや事務方や学生部の教授たちがこれを指摘してくれることを祈るしかないかもしれません。今となっては、内部から何を言っても「遅い」としか言われませんから…。

それではまた。
[PR]
by sotetsuline1991 | 2011-05-14 09:24 | ケータイ投稿記事
line

ジャンルを問わず、様々な話題を取り上げて書いています。下に表示されるTwitterもご覧ください。


by sotetsuline1991
line