Blue&Orange Express

krpblog.exblog.jp ブログトップ

書記に言えない理由

おはようございます。今朝の乗車車両は相鉄線48運行8708F、東横線07運行5170Fです。

ご存じの通り、私は委員会の次期広報部長への立候補をやめました。これは決して委員会で公言していたわけじゃないので、立候補をやめてもそれを宣言する必要はありませんが、幹部の何人かには話をしていました。現在はその幹部への説明を行っているのですが、書記には言い出せずにいます。今朝はその理由をお話します。

先日のいわゆる「2・3年生で本音を言い合う会」において、書記を務める同級生の男子が会長に立候補することを宣言しました。目下の会長候補とされる副会長は「会長じゃない」とした上で(いまいち発言の趣旨が分かっていませんが)、自分が会長になれなかったら委員会を辞めるとまで言ったのです。
会長になれなかったら委員会を辞めるというのはさすがにみんなで撤回させたものの、私自身はその心意気や良しと思いました。彼は委員会と掛け持ちをしていたバンドサークルをやめ、委員会一本に絞りました。2年生が副会長にぶら下がっているという会長からの批判に、ひとまず一矢報いたと。しかし、どうもこの宣言がまずかったようなのです。
端的に言えば、書記の宣言は自意識過剰と受け取る委員が多かったのです。この手の「俺がやる」宣言に自意識過剰という評価はつきものですが、今回はそれが過半数に達したようです。これは書記がかわいそうな気がしました。
しかし冷静に考えて、掛け持ちをしていたバンドサークルを辞めてまで委員会に取り組むというストイックな姿勢を見せる書記に、昨日書いたような理由で私が広報部長への立候補をやめると言っても、理解されない気がするのです。「お前のやる気は2年生で1番」と言ってくれた彼は、この方針転換をプラスには評価しないでしょう。いつ言い出そうか、かなり困っています。

これで来年度体制はさらに混沌としてきました。明日は2年生の来年度体制に対する思いについてお話します。それではまた。
[PR]
by sotetsuline1991 | 2011-06-08 08:00 | ケータイ投稿記事
line

ジャンルを問わず、様々な話題を取り上げて書いています。下に表示されるTwitterもご覧ください。


by sotetsuline1991
line