Blue&Orange Express

krpblog.exblog.jp ブログトップ

講義課題と委員会の狭間で

こんにちは。今日は大学近くの小学校の盆踊りの手伝いに向かっています。乗車車両は相鉄線41運行9707F、東横線14運行5171Fです。

昨日の夕方、突如会長から委員会の全メンバー宛てにメールが届きました。内容は、簡単に言えば「課題大変だろうけど全体会出ようぜ」というもの。期末試験を目前に控えた今、試験が行われない科目については課題の提出が求められ、科目の選択によってはたくさんの課題を抱えている学生がいます。皆さんも多少はそんな経験があると思います。で、昨日はそんな課題の処理を理由に全体会を欠席するという連絡が相次ぎ、たまらず会長が緊急メッセージを発したらしいのです。
全体会は基本的に90分、1時間半の枠を確保しています。その90分も確保できないほどみんなは忙しいのか、と会長はメッセージに書いていました。私は大学生になってからそこまで課題を抱えたことはありませんが、抱えている人は本当に大変そうです。私の学科はただ単にペンを走らせてレポートを書けばいい科目もありますが、模型やCADデータを作る科目もあり、委員会のメンバーにはそれらを選択して頑張っている人が何人もいます。彼らを見ていると、90分あれば家の一部屋くらいは進められそうです。私が見るかぎり、彼らはこの90分も惜しいのです。
しかしそんなメールが来たため、何とか時間を割いて来てくれた仲間もいました。これでとりあえず収まったと思いきや、全体会の終盤にまた問題が起きました。Twitterにも書いた、委員会のメンバーの名前のテストです。課題を置いてきた委員はさっさと終わらせて課題をやらせろと猛反発、出席者の少なさから延期を求める声や、仲間の名前を抜き打ちでテストしても意味がないという声も出ましたが、会長や副会長が押し切ってテストは決行され、全体会は70分で終わりました。テストがなければ50分で終わっていたかと思います。
会長たちは次回から改善を検討すると言いました。しかし課題に追われる側としてはその瞬間に変えてほしかったはずです。これから学園祭に向かっていよいよ忙しくなるタイミングで幹部が下からの声を拾えていないようでは、やはりまずいと思います。次の幹部会で会長たちに意見をぶつけてみます。

しかしまあ、組織って難しいですね…それではまた。
[PR]
by sotetsuline1991 | 2011-07-16 11:47 | ケータイ投稿記事
line

ジャンルを問わず、様々な話題を取り上げて書いています。下に表示されるTwitterもご覧ください。


by sotetsuline1991
line