Blue&Orange Express

krpblog.exblog.jp ブログトップ

プリウスでもヴィッツでもない

おはようございます。今朝の乗車車両は相鉄線48運行8712F、東横線11運行5154Fです。

日経がトヨタの新しい小型ハイブリッド車について報じました。今年のデトロイトショーに出展された「プリウスCコンセプト」の商品版で、車名は「アクア」となると書かれています。この車名は26日発売の自動車雑誌「マガジンX」にも掲載されており、日経が続いたことで信憑性が増してきました。
このプリウスC改めアクア、ボディサイズはヴィッツとほぼ同じらしく、国内ではフィットハイブリッドと真っ向からぶつかります。上記の日経報道では燃費がリッター40キロに達するらしく、プリウスも上回るとなればインパクトは大きいです。ただし10・15モード計測なのかJC08モード計測なのか分かりませんが…。
車名の話に戻りますが、マガジンXによればアクアを名乗るのは日本だけで、北米等ではコンセプトカーと同じプリウスCとして発売されるそうです。片やブランニューモデル、片やプリウスファミリー、日本と北米で異なるブランド戦略となるのは面白いですね。アクアをヴィッツのハイブリッド版としなかったのは、ヴィッツとは違った客層を取り込みたいという意図が感じられます。なお、欧州はヴィッツの現地版であるヤリスにハイブリッドシステムを積んだ「ヤリスHSD(ハイブリッド・シナジー・ドライブ)」の発売が決まっており、おそらくアクアは欧州には投入されないでしょう。
さて、様々な狙いが見えてくるアクア=プリウスCの国内発売は来年1月とのこと。東京モーターショーでのお披露目はあるでしょうか。期待しています。

それではまた。
[PR]
by sotetsuline1991 | 2011-09-29 08:01 | ケータイ投稿記事
line

ジャンルを問わず、様々な話題を取り上げて書いています。下に表示されるTwitterもご覧ください。


by sotetsuline1991
line