Blue&Orange Express

krpblog.exblog.jp ブログトップ

手抜きなフルラインナップ化

おはようございます。今日は午前中だけ大学へ行きます。乗車車両は相鉄線43運行7754F、東横線16運行9001Fです。

先日、三菱自動車が「デリカD:3」と「デリカバン」を発表しました。何のことはない、日産NV200バネットのOEMです。「デリカD:2」もスズキソリオのOEMで、自社開発の「デリカD:5」を筆頭とするデリカのフルラインナップ化を目指している状況です。
歴史を振り返ると、三菱自動車はいろいろなフルラインナップ化を目指してきました。サイクロンターボ、パジェロ、GDI、そしてこのデリカ。失礼ながら過去はいずれも失敗したというべきかと思います。
ブランドのフルラインナップ化としての先例であるパジェロ・チャレンジャー・パジェロイオ・パジェロミニのファミリーはそこそこ当たったかもしれませんが、それは全て自社開発だったのが大きいと思います。末弟のデリカD:1は日産との共同開発の軽で、デリカD:4もOEMでしょうし、穴を埋めればいいというものではないでしょう。
もう一つ、三菱へのOEMはベース車と比べてあまりに変化が無さすぎです。いかにも資金力がなささうな状況ですね。別に日産ラフェスタハイウェイスターみたいにドアまで変えろとはいいませんが、フロントのグリルとバンパーくらいは変えた方がよかったと思います。本当に穴埋めと思われるでしょう。

ということで、今までで一番手を抜いた三菱のフルラインナップ化についての私見でした。それではまた。
[PR]
by sotetsuline1991 | 2011-10-08 10:07 | ケータイ投稿記事
line

ジャンルを問わず、様々な話題を取り上げて書いています。下に表示されるTwitterもご覧ください。


by sotetsuline1991
line